核家族化にともなって増える家族葬

核家族

現在では、東京や大阪をはじめとする大都市や首都圏の生活での家族が核家族化になっており、一般葬が徐々に少なくなっており、逆に家族葬が増えてきているとも言われています。
このことは大都市や首都圏での生活において、人とのつながりがどうしても希薄になり、個人や身内の関係のみを頼りにしてしまう傾向のようです。また、費用面においても安価で葬儀を行うことができ、必要以上に気を遣うこともないのが家族葬です。さらに、家族葬は身近な親戚や知人だけで行う葬儀のため、参列者へ気を遣う引き物や礼状などを準備する必要はありません。社葬のように形式ばった葬儀を行うこともなく、自由な形での葬儀を行うことができるのです。近所や社会的な繋がりがない場合は、必然的に家族葬になっていきます。
家族葬の特色は、出来るだけ費用を抑えて大きさや形式には拘らず、身内のみで故人を見送ることができるこいとから、このようなところが家族葬が社会的に注目を集めている所以かもしれません。
家族葬は、概ね自宅で執り行うケースが多いでしょうが、団地などでは自宅から離れた自治会館での式場で執り行うケースもあるようです。
また、普通の葬儀には、香典や香典返しという風習があり、世間的にもこれらの行為は当然と言う見方があります。ところが、家族葬の場合は基本的には身内だけなので、香典と言う世間一般の風習は省略することもでき、例え香典を持参してきても辞退する場合もあるそうです。

ピックアップコンテンツ

香典と数珠と生花

家族葬と密葬との違い

少し前までは、お葬式というとできる限り盛大にたくさんの人を呼んで、故人の思い出を偲んで最後のお別れをするというスタイルが主流でした。ですが、近年では、経済的な理由…

詳細はコチラ

最新記事一覧