家族葬と密葬との違い

香典と数珠と生花

少し前までは、お葬式というとできる限り盛大にたくさんの人を呼んで、故人の思い出を偲んで最後のお別れをするというスタイルが主流でした。
ですが、近年では、経済的な理由あるいは家族構成の事情から、費用をできるだけ抑えたコンパクトなお葬式の需要が増えてきています。それに伴い、「家族葬」や「密葬」といった小さな規模でのお葬式形態が注目されているのですが、用語として普及はしても、その内容までははっきりとした認識がなされていないというのが現状です。特にこれら2つはよく似ており、混同する方も多いので詳しく見てみましょう。
まず、家族葬と密葬に共通しているのは、どちらも故人の死を公言せず、家族やごく親しい間の人間などの身内の人々だけで、葬儀をして火葬までを済ませる点です。
家族葬の場合は、そのままお墓へ骨壺をおさめて終了してしまいますが、密葬の場合はお骨を安置して、改めて広い範囲での弔問客を招く告別式、あるいはお別れ会といったセレモニーを行うのが一般的です。
初めから終わりまでプライベートで終始するのが家族葬、公私を分けて葬儀をするというのが密葬のコンセプトと思ってよいでしょう。
遺族が「家族葬をする」という場合なら、それはできるだけ内々に済ませたいということです。はっきりと呼ばれているのなら話は別ですが、そうでない場合はあえて弔問に行くのは避けるのがマナーです。

ピックアップコンテンツ

香典と数珠と生花

家族葬と密葬との違い

少し前までは、お葬式というとできる限り盛大にたくさんの人を呼んで、故人の思い出を偲んで最後のお別れをするというスタイルが主流でした。ですが、近年では、経済的な理由…

詳細はコチラ

最新記事一覧