事故

タイヤが突然のパンク!どう対処すべき?

パンク

軽貨物運送でのトラブルとして、タイヤのパンクを経験したドライバーもいるのではないでしょうか。
日々メンテナンスを行っていたとしても、パンクはいつどこで起こるか分からないトラブルです。
顧客への荷物を配送している途中で、タイヤがパンクしてしまった場合の対処法をご紹介します。

いつの間にかパンクしている

乗車前の日常点検でタイヤの溝がない状態で走ったとしたら、パンクしても当然と言えますが、点検時には問題がなくてもパンクしてしまうことはあります。
そのような、いつの間にかパンクしていた時は、ネジや釘が刺さり少しずつ空気が抜けていくことが多いでしょう。
配送中のパンクトラブルでは、荷物の配送が遅れる可能性があるため、一刻も早い対処が必要になります。

パンクへの対処法

自分でスペアタイヤへの交換ができる場合は問題ありません。
しかし、軽貨物ドライバーには高齢者や女性なども多く、誰もがタイヤ交換作業に慣れているわけではないでしょう。
ロードサービスを待つ時間的な余裕がない場合、おすすめのパンク対処法はパンク修理剤を使う方法です。
刺さっているネジや釘は抜かず、パンク修理剤を注入することで応急処置が可能です。
配送の遅延を防ぐためにも、パンク修理剤は準備しておくべきアイテムと言えます。