葬儀社選びで失敗しない3つのポイント

葬儀用生花

葬儀は、故人にとって最後、そして重要な儀式となります。したがって、親族は満足できる葬儀を行いたいと誰もが思うはずです。かつて葬儀を行うのは、故人の親族や友人、自治会の人たちでした。しかし、今は葬儀のプロである葬儀社にお任せする時代になっています。
そういう意味で、故人や親族が望む葬儀を行うには葬儀社選びがとても大切になります。故人や親族の想いを叶えようとするならば葬儀は百人百様になり、同じ葬儀というものはありません。
では、どのようなポイントで葬儀社を選べばいいのでしょうか?今回はその選び方について考えてみたいと思います。

葬儀社の担当者の対応や人柄をみる

葬儀で一番大切なことは、故人や親族が納得、満足できる葬儀でなければならないことです。そのことを考えると、葬儀を取り仕切る担当者が経験豊富で、細かい所まで行きとどいた心配りができることです。あとで、「こうしてほしかった」「ああしてほしかった」という後悔をしない為には、葬儀社の担当者がテキパキと整然とした態度で儀式を行う能力と、関係者に対する優しさがあることです。要するに能力と人柄を兼ね備えた担当者がいる葬儀社を選ぶべきなのです。しばしば広告宣伝が上手い葬儀社を選んだり、名前が知れ渡っている葬儀社を選ぼうとしますが、それは葬儀社選びの「ポイント」ではありません。あくまでも葬儀を行ってくれる担当者に注意するべきなのです。

必ず見積もりを取る

次のポイントは、葬儀の費用が公正な取引であることです。同じ葬儀を行ったとしても、葬儀社によって費用に大きい差があり、おおよそ30~50万円程の開きがあるといわれています。すなわち葬儀にかかる費用が平均80万円とすると、A社は約50万円、B社は約100万円ということなのです。いざという時に右往左往しないように、葬儀費用は前もって見積もりを取っておく事をおすすめします。そして、その見積もりの細目をしっかりと確認しておくことです。「〇〇〇一式」というような、いい加減な見積もりを出す葬儀社や説明を丁寧にしない葬儀社は「失格」です。どのような業界でも同じですが、「ピンからキリ」までの葬儀社があることを認識しておきましょう。
故人の突然の死亡で正常な判断能力を失い、全て葬儀社任せにすることは危険です。あとで請求書を見て驚いても後の祭りになります。見積もりをしっかりと取らなければ、場合によっては足元を見られて、支払う必要もないような50万円前後を余分に支払うことに繋がりかねません。

病院から紹介された葬儀社を選ばない

故人が病院で死亡した場合、病院の遺体安置所に「病院指定の葬儀社です」というような葬儀を執り行おうとする業者がいたとしましょう。このような場合は、その葬儀社の言葉を丸のみしてはいけません。突然の親族の死で、気持ちが動転しており、考える能力が低下している時に指定葬儀社と称する担当者の言葉を「丸呑み」することは起こりえることのために、十分に注意する必要があります。葬儀会場の安置所までの遺体搬送は病院指定と称する葬儀社でも構いませんが、葬儀自体は自分で選んだ葬儀社に任せる事が大切です。

親身になって葬儀を行ってくれる担当者

いかがでしたか?葬儀社選びのポイント、分かっていただけたでしょうか?葬儀は故人の最後の儀式であり、後悔するような葬儀であってはいけません。ですから、葬儀社選びはとても重要なことなのです。
規模が大きいや宣伝をしている、インターネットのホームページが綺麗にできているというようなことで判断することは避けるようにするべきです。親身になって葬儀を行ってくれる温かい心を持った担当者がいる葬儀社で、事前に分かり易い見積もりをだしてくれる業者を選んでください。

大阪で葬儀社をお探しの方は、葬儀会館「Scene(シーン)」がおすすめです。様々な人生の展示をコンセプトに故人の最後をを映画のような感動のエンディングシーンにしてくれます。実績があり、経験豊富な担当者が葬儀を取り仕切ってくれます。

最新コンテンツ

  • 家族葬と密葬との違い

    少し前までは、お葬式というとできる限り盛大にたくさんの人を呼んで、故人の思い出を偲んで最後のお別れをするというスタイルが主流でした。ですが、近年では、経済…

    香典と数珠と生花
  • 1日葬でより安く葬儀ができます

    葬儀はどうしても高いお金がかかってしまうので、できるだけ費用を抑えて行いたい方は1日葬がおすすめです。その名の通り、1日で葬儀が終わります。途中で行う儀式…

    お金
  • 近年の葬儀について

    私は最近、叔父の葬儀に出席しました。10年ぶりの葬儀で礼服も無く、慌てて通夜前日に仕立てました。かなり慌てて調達したので、サイズが少し大きく、ちょっと変な感じにな…

    納棺
  • 核家族化にともなって増える家族葬

    現在では、東京や大阪をはじめとする大都市や首都圏の生活での家族が核家族化になっており、一般葬が徐々に少なくなっており、逆に家族葬が増えてきているとも言われています…

    核家族

トピックス

おすすめ
香典と数珠と生花

家族葬と密葬との違い

少し前までは、お葬式というとできる限り盛大にたくさんの人を呼んで、故人の思い出を偲んで最後のお別れをするというスタイルが主流でした。ですが、近年では、経済的な理由あるいは家族構成の事情から、費用をできるだけ…

葬儀コンテンツ

香典と数珠と生花

家族葬と密葬との違い

少し前までは、お葬式というとできる限り盛大にたくさんの人を呼んで、故人の思い出を偲んで最後のお別れをするというスタイルが主流でした。ですが、近年では、経済的な理由あるいは家族構成の事情か…

お金

1日葬でより安く葬儀ができます

葬儀はどうしても高いお金がかかってしまうので、できるだけ費用を抑えて行いたい方は1日葬がおすすめです。その名の通り、1日で葬儀が終わります。途中で行う儀式の一環は一部省かれます。納棺後は…

納棺

近年の葬儀について

私は最近、叔父の葬儀に出席しました。10年ぶりの葬儀で礼服も無く、慌てて通夜前日に仕立てました。かなり慌てて調達したので、サイズが少し大きく、ちょっと変な感じになりました。靴も黒が無かったので新…

核家族

核家族化にともなって増える家族葬

現在では、東京や大阪をはじめとする大都市や首都圏の生活での家族が核家族化になっており、一般葬が徐々に少なくなっており、逆に家族葬が増えてきているとも言われています。このことは大都市や首都…