事故

軽貨物運送で見られる「トラブル」とは?

軽貨物輸送において、お客様からの評判はとても大切になります。
お客様の信頼を失ってしまうようなトラブルを起こしてしまうと、信頼回復のために膨大な労力が必要になり、会社の経営にも影響を与えてしまいます。
どの業種でも同じことが言えると思いますが、トラブルを回避することはとても大切ということになるのです。
では、軽貨物輸送ではどのようなトラブルがあるのか見ていきましょう。

お客様対応に関するトラブル

現場で大切になるのは、報告・連絡・相談です。
報告・連絡・相談を欠いてしまうと、トラブルに発展する可能性が高くなるので注意をしなければいけません。
報告・連絡・相談を欠いてしまった場合、商品の破損など配送事故の報告をしない、お客様の電話に出ないなど電話対応を行わない、納品先の変更などを相談せずに勝手な判断で行動するなど、お客様に悪い印象を与える可能性が生まれます。
お客様が対応の悪さを感じてしまうと、次は別の配送業者に依頼される可能性もあるため、お客様としっかりコミュニケーションをとり、トラブルが発生した場合は真摯に対応する必要があるのです。

破損や汚損に関するトラブル

商品を輸送中に、ドライバーのミスなどで商品が破損もしくは汚損してしまう場合もあります。
手が滑って落下するなど不注意で起こる破損、商品を雑に扱ったことで割れ物が割れてしまうなど破損、こぼれたオイルに気づかずに汚損してしまうなど、注意散漫により起こる汚損などが考えられます。
商品が破損や汚損していない状態で届けることができなければ、きちんと輸送できたとはいえません。
破損や汚損に関するトラブルを招かないためにも、輸送中は気持ちを引き締め、細心の注意を払いながら仕事に取り組まなければいけません。
不慮の事故などが起こる可能性も、もちろんゼロではありませんが、ドライバーが注意して防ぐことができる破損や汚損は絶対にないようにしましょう。

誤配や遅配に関するトラブル

誤配や遅配は、軽貨物輸送のトラブルで良くあります。
届け先を間違えた方・間違えられた方の双方に迷惑がかかってしまう誤配、お客様の予定に影響を与えてしまう遅配は、トラブルのもとになる可能性があります。
そのため、商品と伝票の確認を怠ったことによる配達先の間違い、午前中必着の商品が渋滞などで遅れてしまう、携帯電話のバッテリー切れによって遅れることが連絡できないなどは、起こらないようにしなければいけません。
誤配や遅配は、配達スケジュールなどの最低限のチェックを怠らなければ、防ぐことができるのできちんとチェックすることで回避できると言えるでしょう。
遅配の場合は特に、連絡をきちんと行うことでトラブルに発展しない可能性も大きくなるため、連絡の重要性を覚えておく必要があります。

このようなトラブルを回避するためには

軽貨物輸送で起こりがちなこれらのトラブルを回避するためには、ドライバーの不注意や確認ミスがないようにすることが大切になります。
これらのトラブルやミスが発生してしまった場合は、お客様に対して誠心誠意の対応をし、会社への連絡も忘れてはいけません。
商品の積み残しがないか、検品漏れはないかなど、毎日の業務で行うチェックをドライバーが怠ることがなければ、トラブルに発展する可能性は大幅に軽減すると考えられています。
特に、個人事業で軽貨物輸送を行っている事業者の場合は、お客様の信頼がとても大切になるので、客離れを引き起こさないためにも、トラブルを回避しなければいけません。
そして、トラブルに発展してしまった場合にきちんと対応策を考えておくことも重要です。
どのトラブルでも、報告・連絡・相談は非常に重要なので、きちんと頭に入れておきましょう。

オススメリンク

  • 株式会社モリキ

    軽貨物運送のご依頼を大阪市内でお考えの方はこちらのサイトが便利です。
    大きなトラックを頼むほどの荷物ではないけど、タクシーや乗用車では運べない時など、運送の便利屋としてお使い下さい。
    お電話、メールにて24時間対応いたします。